ファストパス(FP)

ファストパス(FP)

ファストパスとは

アトラクションの優先入場券のことです。 
人気アトラクションもこれさえ持っていけば、 別の入口から優先的に入場させてもらえます。
ただし、対応アトラクションは限られています。
ファストパスを使用せずに普通に並んで入場することを「スタンバイ」と呼びます。
実際、ファストパス対応のアトラクションの場合、アトラクション入場口も「ファストパスエントランス」と「スタンバイエントランス」と、二つ存在しますので注意して下さい。
ファストパスチケットに表示されている時間にファストパス用の入場口に来れば、 通常、2時間以上待つ人気アトラクションでも10分程度の待ち時間で乗ることが可能です。

ファストパスの入手方法

ファストパスは、当日しか入手出来ません。 
利用するアトラクションの前に、ファストパス発券機があります。 この発券機にパスポートを差し込むと、
ファストパスチケットが出てきます。 
ファストパスチケットに表示される利用可能時間は、ファストパス発券機の上に表示されています。
朝一で発券すれば午前中に利用できるファストパスチケットをゲットできますが、昼頃発券したら、人気アトラクションの場合、
夜の分になります。つまり、昼過ぎに発券終了という場合もあるということです。

ホーンテッドマンションのファストパス発券機です。上の挿し口にパスポートを挿入すると、
すぐに同じところからパスポートが戻ってきて、下の口からファストパスが出てきます。


ミクロアドベンチャーのファストパス発券機です。 ファストパス発券機は、アトラクションによってデザインが違います。


午後4時頃のスペースマウンテンのファストパス発券機です。
全てのファストパス機にカバーが掛けられています。

ファストパス利用の注意事項

こんな便利なものがあるんであれば、すべてのアトラクションのファストパスを取りまくろう。
と考えるのは皆同じ。 そのへんはディズニーランドは、ルールを作っています。
下記のルールさえ守れば、何枚でも利用出来ます。

<ルール>
ファストパスチケットを発券した時刻の約2時間後にならないと、次のファストパスチケットが取れない。

<例外1>
ただし、ファストパスチケットの指定時刻が、発券した時刻の2時間以内のときは、指定開始時刻になった時点で次のファストパスが発券可能です。

<例外2>
たとえ2時間たって、次のファストパスが取れる時間になっても、今手元に持っている同じアトラクションのファストパスチケットチケットは取れない。(そのFPを使った後であれば取れます。)



ファストパス発券時間から2時間は、新しいファストパスを発券出来ないのが基本ルールですが、ファストパスを使える時間がファストパス発券時間から2時間ない場合は、ファストパスを使える時間から新しいファストパスを発券可能です。
つまり、9時25分以降であれば、このファストパスを使う前に、 別のファストパスを発券することが可能です。

この2時間というルールは、絶対ではなくて、朝一であれば、40分後ということもあります。
朝一の早い時間であるほど、次のファストパスが取れる時間が短く、徐々に2時間に近づいていくというイメージです。
その為、朝一なるべく早い時間にファストパスを取れるかどうかがアトラクションを効率的に多く回れるかどうかの分かれ目になってきます。

<幼児連れのファミリーの場合>

「プーさんのハニーハント」「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」の2つのどちらかをファストパスで取った状態で、どちらかのスタンバイに並ぶ人が多いです。 もしくは、どちらかのファストパスを取った状態で、「ミッキーの家とミートミッキー」に並ぶ人も多いです。どちらも効率的でおすすめの方法です。「ミッキーの家とミートミッキー」は、ファストパスがなく、1人1人の時間が長い為、朝一以外は、コンスタントに長く待つことになります。「ミッキーの家とミートミッキー」に行きたいと考えている場合は、朝一をおすすめします。ただし、開園後1時間後にはすごい待ち時間になっているので、開園直後に並べないなら、夕方以降の方がおすすめです。

<絶叫系が好きなグループの場合>

「スプラッシュマウンテン」「ビックサンダーマウンテン」「スペースマウンテン」の3大マウンテンが好きという若いグループの場合、「スプラッシュマウンテン」「ビックサンダーマウンテン」どちらかのファストパスを取った状態で、どちらかのスタンバイに並ぶのがおすすめです。「スペースマウンテン」は、比較的、ファストパスの発券終了が遅めなので、両方乗った後に、ファストパスを取りに行けばOKです。

ファストパス裏技攻略法のウソ!?ホント!?

裏技というほど大袈裟なものではないですが、裏技攻略法を紹介しておきます。
ぜひ活用して下さい。

(1)
ファストパスチケット発券の行列には、代表者一人が並べば発券できます。 ただし、パスポートは人数分必要です。 代表者が、発券機に全てのパスポートを通せばいいんです。スタッフが見ていても一切注意されません。

(2)
ファストパスは、当日のパスポートではなく、過去のパスポートも使えるらしい!?
これは実際試してみたら、下の写真のような券がファストパスの替わりに発券されました。
どうやら、裏技が流行して、ディズニーランド側も対策を講じたようです。



(3)
昔、ファストパスを無くしてしまったと嘘をキャストに言って、ファストパス扱いしてもらうという裏技がネットで紹介されていたが、今はパスポート番号でファストパスの取得状況が管理されており使えない裏技ですので注意してください。 そもそもこんなものは裏技でもなんでもなく、恥ずかしいと思うべきです。完全NGです。

<合わせて読みたいおすすめ記事>

出たら超レア!サプライズファストパスとは
最強のチケット!優先入場整理券とは
チャレンジャー証明書とは


 [公式サイト] ディズニーファストパス