ウエスタンリバー鉄道

ウエスタンリバー鉄道

本物の蒸気機関車でアドベンチャーランド、クリッターカントリー、ウエスタンランドを一周。

定員 1台144名
所要時間 約15分
人気度 ☆☆

乳児、お年寄りでも楽しめる

蒸気機関車でアドベンチャーランド、クリッターカントリー、ウエスタンランドを一周。
密林から姿を現す動物たちや蒸気船マークトウェイン号が行き来するアメリカ河を楽しみ、
西部開拓時代の町を抜けて、さらに恐竜のすむ太古の世界へとタイムスリップ。

乳児、幼児、子供、大人、お年寄り、誰でも楽しめることから子連れ3世代旅行の場合、ぜひ乗りたいアトラクションとなります。
ただし、ドアも窓もないので、夏暑く、冬寒いということを覚悟してくださいね。
ウェスタンリバー鉄道内部
ウエスタンリバー鉄道の車内様子

ウエスタンリバー鉄道から前方の眺め
車内からの前方を見た景色

右側に座る方が見応えあり

ジャングルクルーズの外側をまわって、アメリカ河の外を通って、ビッグサンダーマウンテンの脇から トンネルに入る鉄道である。
最後は恐竜世界に入る。 恐竜が出てくるのは、右なので、もし恐竜を見るのであれば、 席の右側に座るのがいいでしょう。
全体的に右側に、見ごたえのある景色が多いような感じです。
出来るのであれば、1回目の乗車は右側をお勧めします。
一応、案内放送があって、インディアンの挨拶やら、開拓者の家が燃えてることや、スプラッシュマウンテンの解説などもしてくれる。
ただし、鉄道で走るだけなので、感動や驚きというものはないので、過大な期待は禁物です。
しかし、個人的には、幅広い人が楽しめるのでおすすめです!
特に、男児は鉄道好きが多いのでおすすめ!


最初に乗った乗り場以外にも駅がありました!
場所は、乗って間もなくのところです。
スティルウオーター・ジャンクションという駅名のようです。
建物の上に、ローマ字で、そう書いてありました。


鹿や馬など、動物がところどころで観ることが出来ます。


この小動物は何でしょうか!?


テントに住むインディアン!?を観ることが出来ます。
子供がこっちに手をふってくれます。
奥では、老人が子供に火のおこし方を教えています。


鉄道の色は、赤、青、緑と3種類があります。
鉄道自体は、4種類走っていて、1両目に汽車の名前が刻まれています。
例えば、上写真は、リオ・グランデ号です。

  • コロラド号(赤)
  • リオ・グランデ号(赤)
  • ミズーリ号(緑)
  • ミシシッピ号(青)

まれに、リバー鉄道にミッキーが乗車してくることがあります。かなりレアですが、そんなリバー鉄道にたまたま遭遇したらラッキーです。

待ち時間が常に少ない

ウエスタンリバー鉄道は、一度に140人乗れるため、回転率が良いです。
一見、行列になっていても、意外とすぐ乗れます。
電車の椅子に座ってのんびり車窓を楽しむアトラクションなので、 ちょっと歩き疲れたというときの休憩として利用するのもオススメです。
1周15分ですが、混雑具合に応じて、複数の列車が走っている為、常に混雑しないように工夫されています。

待ち時間の目安

曜日 時間 待ち時間目安
土日祝 14:00~16:00 約30分
上記以外 約15分
平日 14:00~16:00 約15分
上記以外 約5分