ディズニーランドのチケットをコンビニで買う

ディズニーランドのチケットをコンビニで買うことをオススメする理由

【理由1】入園保証が付いている

ディズニーランドやディズニーシーは、連休やイベント時など、入場制限が発生する場合がございます。2016年はそれほど多くなかった入場制限も、過去の例を見ると、2015年は18日間、2014年の17日間は入場制限がかかっています。
パークに到着してから入場制限となったり、過去には入園時刻と同時に入場制限というケースもありました。
コンビニであらかじめ日付指定のチケットを買っておけば入園保証がついてくるので安心です。

【理由2】かんたんに購入できる

昔はコンビニの端末機で何かを購入するというのは、あまり馴染みが無かったと思いますが、 コンサートチケットや遊園地のチケット等、チケットをコンビニの端末機で購入することが当たりませの時代になりつつあります。 コンビニの端末機もすっかり世間ではなじみのものになりました。
コンビニの端末機で、ディズニーランドのチケットを購入すると、レシートのようなものが出てくるので それを持ってレジで店員に渡すと、代金と引き換えにチケットを買えます。
もし、分からなければ、コンビニの店員に聞けば教えてくれます。

【理由3】コンビニで買ったチケットでそのまま入園可能

昔はコンビニの端末機で購入したディズニーランドのチケットは、引換券の扱いでしたので、 ディズニーランドのチケット売り場の行列に並んで、チケットに交換してもらう必要がありました。 しかし、最近はQRコードのプリントされたチケットが購入できるので、エントランスにそのまま並んで入園することが可能です。

デメリット

ディズニーランドのチケットをコンビニで買うメリットを3つ挙げましたが、 デメリットも1つあります。 それは、チケットがコンサートチケットのように細長く通常のディズニーランドチケットよりも大きいことです。ただし、普通にファストパス発券にも使えますし、通常のチケットと比べて何の制限もありませんので問題はありません。