センターストリート・コーヒーハウス

TOP食事>センターストリート・コーヒーハウス

センターストリート・コーヒーハウス

所在地 ワールドバザール
ジャンル 洋食
座席数 約230席
システム テーブルサービス(通常のレストランと同様)

朝食を食べられる

ディズニーランドの開店時にオープンするため、朝食が食べられるレストランです。
一昔前のここの朝食は、ミッキーのパンケーキだったんですが、リニューアルされて、 ココットパイに変わっています。 「ソーセージ&ポテトのココットパイ」は、パイを割ってから、そこに半熟卵を入れて食べるタイプで、ちゃんとした食事をたべるなら、こちらで決まりです。
もう一つは、「フレンチトースト&バナナのココットパイ」で、 パイを割ってから、ミックスベリーとメイプルシロップのソースをかけて食べるタイプで、 甘いソースがフレンチトーストを引き立たせます。
どちらもそれぞれ美味しいので、迷っちゃいますよね。

コーヒー専門店ではない!

レストランの名前が、コーヒーハウスとなっているので、コーヒー専門店のような喫茶店を 想像してしまいますが、実際メニューを見てみると、洋食屋のイメージの方が強いです。
1920年~1930年代のアメリカにおいては、このように、コーヒーだけでなく、ハンバーグなどの洋食やフレンチトースト等の朝食を扱うレストランのことをコーヒーハウスと呼んでいたのだそうです。
もちろん、コーヒーも美味しく、コーヒーに合うスイーツもあるので、3時のおやつとしてもオススメですよ。
さらに、普通のコーヒーを含めたソフトドリンク類はフリーリフィル(おかわり無料)なのでお得です。残念ながらエスプレッソやカプチーノなどは、おかわり対象外です。

夕食としてもオススメ

夕食として利用するなら、アントレプレートセットがオススメ。 「ポークチャッププレート」「ハンバーグ&ソーセージプレート」 「香草風味のチキンプレート」「シーフードプレート」などがありますが、 一番のオススメは、「グリルドビーフプレート」です。

子連れでも安心

席がけっこうゆったりしていて、ゆっくりできることと、 ある程度の騒がしさがあるので、子連れでも安心して過ごすことができます。 また、子供メニューや子供イスがあることと、 さらに、店内にトイレがあるので、子連れには便利です。

プライオリティ・シーティング対応

センターストリート・コーヒーハウスは、プライオリティ・シーティング(PS)対応なので、事前予約する必要があります。
当日でも空いていればその場で予約も可能ですが、空きがなければ対応できない為、事前予約を必ずしておきましょう。