再入園の裏技

再入園

再入園の利用方法

園内から一度出て、その日のうちに再度入園する予定がある場合は、出口で手にスタンプを押してもらってください。
パークに戻られる際は、再入園口よりお入りください。(再入園にはチケットとハンドスタンプが必要です。)
再入園口の場所は、通常の入園口の左端と右端にあります。

再入園の賢い利用方法(1)

ランチを食べたいけれども、ディズニーランド内のレストランはどこもいっぱい、そんなときはいったんパークを出て、イクスピアリでランチを食べましょう。
イクスピアリには、おいしいレストランがたくさんあります。 ただし、もろにランチの時間であれば、イクスピアリでも混んでいます。

再入園の賢い利用方法(2)

ディズニーランド園内のトイレが混んでいて、どうしようもないというときに、ディズニーリゾートラインのトイレまで行く。

再入園の賢い利用方法(3)

ディズニーホテルに宿泊しているので、自分の部屋に休憩に戻る。
もしくは、ディズニーホテル内のランチ、ディナーを食べる為に、一時的にホテルに戻る。

ハンドスタンプが不正を防ぐ

チケットに日付が記載されているので、別にハンドスタンプがなくてもいいのではないか?
そんな疑問が湧いてきますが、これには運営者側の不正を防ぐ知恵が隠されているのです。 もし、ハンドスタンプなしで、チケットだけで再入園を許してしまったら、一度パークを出たゲストが、そのチケットを友達に渡して、初めて入園する友達が再入園と偽って申告してもキャストは、それを知る術がないのです。さらに、帰るゲストのチケットをタダみたいな値段で買い取って、遅めに入園するゲストに売る転売屋やダフ屋のような人達も出てきてしまいます。それを防ぐためにも本人確認が必要というわけです。海外のカリフォルニア ディズニーランドでは、1日券では東京と同じハンドスタンプですが、マルチパスポートの場合、入園時に顔写真登録をして本人確認に使います。フロリダのウォルトディズニーワールドで直営ホテルに宿泊している人は、指紋認証で確認しているようです。香港のマルチパスポートも指紋のようです。

スタンプを押し忘れた場合の対処法

再入園するために必要なハンドスタンプは、パークを出るときに申告しないと押してもらえません。もし、そのハンドスタンプを押し忘れた場合、基本的には再入園できないのですが、どうしたら入れるでしょうか?
基本的には、チケットとハンドスタンプがなければ再入園不可となりますが、今日 パークに一度入った証拠があり、キャストに誠意を持ってお願いすれば、再入園させてくれると思います。 その証拠で効果がありそうなのが、その日の園内でのレシートや、パーク内で撮った写真で日付が分かれば、理解されそうです。

手を洗ってしまったときの対処法

手の甲におしてもらうハンドスタンプは、特殊な蛍光塗料で、ブラックライトをかざすと、光るというものですが、トイレなどに行って、手を洗ってしまったときに心配になったりしますよね。
しかし、さほど心配する必要はありません。というのも、よっぽど石鹸でゴシゴシ洗わない限り落ちないからです。しかも手の甲をしっかり洗うなんて、あまりないですよね。意識して塗料を落とそうという意識が働かない限り、おちないので心配不要です。